隠れたところの肌も綺麗に|肌に合う化粧品を選んで毛穴やニキビをしっかりケアしよう
ウーマン

肌に合う化粧品を選んで毛穴やニキビをしっかりケアしよう

隠れたところの肌も綺麗に

肌ケア

顔は皮脂の分泌が多くニキビができやすいという印象がありますが、実はお尻も背中などと比較すると少ないですが皮脂の分泌が多い部位でもあります。そのためお尻にニキビができることも少なくありません。お尻は座っている時間が長く、体重を支えている部位です。肌の刺激を受けやすいためお尻は角質化しやすいのです。角質化したお尻は皮膚が毛穴をふさいでニキビの原因となるアクネ菌の温床となりやすいです。女性であればストッキングを履くなどで蒸れやすくなり、他の部位と比べても清潔を保つことが難しい部位なのでニキビができやすいというのも納得できます。ニキビに似た粉瘤というできものがあり、放置すると炎症を起こして赤く腫れることもあり悪化すると手術が必要になるケースもあります。粉瘤は同じところにできるので、ニキビと見分けがつかない場合には医師に相談することも必要です。

お尻にニキビができないようにするには予防も大切です。お風呂に入り洗ってしっかりとすすぎ、清潔を保つことはもちろんですが、脂肪の多い食事や糖分が多い食事などは控えて、ストレスを溜めないようにすることです。ストレスで男性ホルモンが多くなると皮脂が多く分泌されます。睡眠をしっかりとるなど規則正しい生活をおくることで肌のターンオーバーが促進されるためお尻の角質も厚くなりにくくなります。ニキビがお尻にできないようするには下着にも気をつけます。下着は蒸れにくい素材の綿100%のものを着用してナイロンなど化学繊維の下着は使わないようにします。お尻は日中に手入れすることなどが難しい部位ですが、できる限り清潔にすることを心がけることがニキビ予防につながります。